住宅ローンの借り換え

数年前と比べれば、今現在、住宅ローンの金利が下がってきていますから借り換えを考える人も少なくないでしょう。

しかし、住宅ローンの借り換えをするに当たって注意しなければならないことがあります。

サラリーマンなどの会社員にいたっては借り換えする事は可能だと思いますが、自営業の人は難しいかもしれません。

借り換えに応じてくれる金融機関があっても厳しい条件があります。

また、年収や勤続年数も関わってきますので、不況の影響で職を変えた人は要注意です。
年収は、各金融機関で最低ラインを設けられていますし、勤続年数は最低でも3年以上同じ職場で働いてる事が条件です。

さらに、金利が低くとも、手数料などトータルで返済が行くが変わらないのでは意味がありませんよね。

借り換えの手数料や保証料などもあわせて色々な金融機関を比較しましょう。

借り換え専用の住宅ローン商品も結構出ているようです。

住宅ローンの借り換えを検討しているのであれば、金融機関がチェックするポイントを再度確認しておきましょう。

カードローンの借り換え

住宅ローンはもちろん住宅ローンで借り換えるわけですが、

 

つなぎ的な資金が必要になったら、一般的なカードローンがいいでしょう。

 

そして、もし他のカードローンで融資を受けているのであれば、住宅ローンを組んでいる銀行のカードローンに借り換えを検討すべきです。

 

なぜならば、住宅ローンを組んでいる銀行のカードローンは金利の優遇が受けられる事があり、とてもお得な金利になるのです。

 

フリーのカードローンでは、金利がかなり高いので、この金利優遇を受けられるのであれば、今のカードローンから借り換えしてしまって方がずっとお得なのです。

 

これは是非知っておきたいところです。

 

また、カードローンでなくても、リボ払いなどで返済額が結構残っているのであれば、元々銀行カードローンより金利が高いですから、この方法を使ったらさらにお特になります。

ページの先頭へ戻る